しわやたるみの治療の歴史とは

今や、特に多くの女性がしている、しわやたるみの治療、一体今までにどのような歴史をたどってきたのでしょうか。

今日、しわやたるみの治療方法は様々ありますが、1900年代頃からまず皮膚を切って上にたるむ前にあった場所に戻す手術が始まりました。

そしてその後レーザー治療や注射による治療が行なわれ、皮膚の表面だけではなく、筋肉など内側の組織も引き上げる手術が行なわれるようになっていきました。

20世紀後半にはボトックス治療が開発され、2002年にアメリカで正式にその安全性が認められ、しわやたるみ治療を行なう美容整形外科では、21世紀に入ってから実施されるようになりました。

ヒアルロン酸は2000年頃から新たなしわやたるみの治療方法として開発されました。 「少しでも若々しくいたい」という願いは今だけではなく、以前から人々が持っていたようです。 これからもきっと更に多くの開発が進み、また新たな治療方法が広がるのかも知れません。